Blender初心者が最初にやるべき6つのこと(前編)

使用バージョン:Blender 2.79b

今日は、Blender初心者が最初にやるべき設定について、説明するわね。

スザンヌ

ネコさん

ワーイ、やったー!よろしくお願いします。
関連記事
Blender初心者が最初にやるべき6つのこと(中編)

1. 日本語化する

Blenderは初期設定だと英語表示になっています。

初心者にとっては、慣れない英語よりも日本語表示になっていた方が、操作の習得がスムーズにいく場合もあるでしょう。

以下の手順で、Blenderを日本語表示に変更することができます。

  • STEP.1

    メニューバー「File」→「User Preferences」をクリックする

  • STEP.2

    User Preferencesウィンドウのタブボタン「System」をクリックする

  • STEP.3

    右下にある「International Fonts」にチェックを入れる

  • STEP.4

    Languageプルダウンボタンから、「Japanese(日本語)」を選択する

  • STEP.5

    プルダウンボタン下のTranslateボタン「Interface」「Tooltips」「New Data」の3つすべてをクリックしてオンにする

注意

設定変更を行ったら、設定画面左下「ユーザー設定の保存」をクリックして、設定を必ず保存するようにしましょう。

保存しなかった場合、新規ファイルの作成時や、Blender終了時にせっかく設定した内容がすべて消えてしまいます

ネコさん

ボク、よく設定変更を保存し忘れてしまうんですよ。それでBlenderを起動し直す度にアレ?アレレ?っていつも混乱しちゃうんです。。
設定変更をしたら、必ず「ユーザー設定の保存」をクリックする。まずは習慣化する事が大切よ!

スザンヌ

2. 左クリック操作に変更する

Blenderは初期状態だと、オブジェクト選択にはマウスの「右クリック」を使う設定になっています。

Blenderの世界には「右クリック派」と「左クリック派」がいますが、初心者の方向けに本記事では「左クリック」への変更をおすすめしています。

その理由

Blender以外の標準的なソフトウェアでは、オブジェクトを選択する際に「左クリック」する事が一般的です。

一般ソフトウェアと、Blenderとで交互に使い分けていく場面で、Blenderを「左クリック」選択設定にしていた方が頭の切り替えがスムーズにいくというのが主な理由です。

以下の手順で、オブジェクトの選択を「左クリック」に変更することができます。

  • STEP.1

    メニューバー「ファイル」→「ユーザー設定…」をクリックする

    (※すでに「Blenderユーザー設定」が開いていた場合、ここはスキップして次へ)

  • STEP.2

    上部のタブより、「入力」ボタンをクリックする。

  • STEP.3

    左側にある『選択:』の下の「」ボタンをクリックします。

    ついでに、「テンキーを模倣」のチェックボックスもオンにしておきましょう。

    MEMO

    テンキーを模倣」をオンにする事で、キーボードの「QWERTYUIOP」の上にある

    1~0までの数字キーViewPort視点切り替え用のショートカットキーに変更されます。

    (※オフの時は各レイヤーの切り替えショートカット)

    「テンキーを模倣」をオンにするメリットは、テンキーを持たないノートPCで作業をする際に便利な為です。

    ノートPCで作業をする事がほとんどない方の場合は「テンキーを模倣」をオフにしたままで構いません。

  • STEP.4

    これでマウスの左クリックで、オブジェクトを選択できるようになりました。

    設定の変更後は必ず、「ファイル」→「Blenderユーザー設定」→「ユーザー設定の保存」をクリックして、設定保存を行いましょう

ネコさん

Blenderは昔からUIが変態過ぎるとか散々言われていた時代がありましたね。右クリック操作は、その代表格によく挙げられてますよね。
Blenderはカスタマイズも十分しやすいし、UIだって先進的な形に進化していっているわ。過去の話を持ち出して今の姿を批判するなんて、ナンセンスの極みよ。

スザンヌ

ネコさん

そうですね。Blenderの事を、これからもたくさん学ばせていただきます。